コインチェック580億円の顧客資産損失事件に見る、仮想通貨・お金の本質

仮想通貨バブルの中、ビットコインの暴落や、コインチェック580億円の顧客資産が

損失する等、世間を騒がせている「仮想通貨」

ツイッターなどでもここ近日中の事件を受けて損害を被ったという方々が、多く

見受けられます。

コインチェック事件や、仮想通貨について、そして「お金とは何か」などについて

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コインチェック580億円の顧客資産損失事件とは

仮想通貨の1つである「NEM」の取引が出来るコインチェックという会社のセキュリティ

が破られ、顧客資産の580億円が損失してしまった事件。

他会社ではこういった事態に備えて、ウォレット(顧客の財布)を分散させて、

もし被害に遭っても被害額を少なくする等の対策を講じていたのでしたが、

コインチェックではその対策がなされておらず、ここまで巨額の損失になったとのこと。

そして仮想通貨取引所における損失額としては、2014年のマウントゴックスの480億円

を超え、過去最大規模ということで、大きな話題となっている。

盗まれたお金は返ってくるのか

やはりこれだけ巨額のお金を、会社として流失した状態ですので、全てのユーザーに

資産を補填するのは、かなり難しいのではないかと推測されます。

サービス内容に

「もしハッキングのような被害に遭った場合は当社は一切の責任を負いません」

なる条項みたいなものは、きっと含まれていたのではないかと推測するのですが、

実際のところはどうなのでしょう。

もしそうだとしたら今回の事件においてユーザー1人1人に資産を返金のような

対処という可能性は、限りなく低いのかなと思ってしまいます。

仮想通貨とは幻想のようなもの

元々コインチェックのセキュリティの脆弱性は指摘されていたらしく、今回の事件は

起こるべくして起こった問題であると言えるのかもしれません。

仮想通貨に限らず、こういった投資を行うのであれば、

「万が一の場合のリスク、それについての対応・対策はどのようになされているのか」

こういった部分へのチェックも怠ってはいけないという、これ以上にない教訓となった

事件ともいえることでしょう。

そして「高騰」という後には大抵「暴落」が待っています。「バブル」という言葉は

はじけることを前提としている言葉であることも忘れてはいけません。

さらに所得には税金が掛かる

私も数年前までサラリーマンをしていた時は、自分の給料に各種税金が掛かっているという

概念すら知らなく、個人事業主となって確定申告をする時に初めて知ったくらいなので、

税金について全く知らずにいる社会人の方というのも、少なくはないのかと思います。

大儲けしたからといってほったらかしていると・・・数年後、忘れた頃に税務署の人が

訪ねてくるかもしれません。

使えなかったら意味がない

仮想通貨とは、その文字からも連想される通り「有って無いようなもの」

とも言える存在であると思います。

「何を言ってるんだこいつは」と思われるかもしれませんが、将来的にも仮想通貨で

こういったトラブル、または「使えなくなる」という可能性は否定できません。

仮想通貨とは、ある意味においては幻想である。

という認識は、心のどこかに置いておいた方が、賢明なのかもしれません。

お金とは何か

そもそも「お金」そのものについて、

当たり前に在って、当たり前のように使っている私達のお金について、

改めて考えるような機会もなかったと思いますので、ここで1つの確認をしておこうと

思います。

今現在、世界各国で使用されている通貨ですら、ある意味では仮想とも言えます。

私達がやり取りしている現金も、本当の意味では「福沢諭吉が書かれた紙切れ」

銀行口座残高は「数字の羅列」にしか過ぎないものです。

それらに価値を付け、「信用」という前提があって初めてお金はお金として存在

しているのであり、本当の意味では仮想としていない通貨も、1つ前提が狂えば

幻想でしかないということです。

「もしも銀行に預けていたお金が、ある日突然引き落とせなくなったら?」

例えそのリスクは限りなく0に近いものであったとしても、「0ではない」ということも

また事実であります。

預金封鎖Wikipedia

聞きなれない言葉ですが、「預金封鎖」という言葉もある通り、ありとあらゆる可能性を

知っておくことは、私達にとって非常に重要な事でもあります。

まとめ

NEM財団は流失資金の自動追跡プログラムにより、事件は解決する

という旨の発表をしているようですが、広義的な言い回しであるので、

実質的にどのようなことを解決というのか、どういう結末を迎えるのか、

注目してみたいです。

そして「仮想通貨」に関係する何かしらトラブルというのは、今後も継続して起きて

いくのではないかと思います。

自分が投資しているものに対するリスクを十分に理解し、「お金とは何か」いう概念を

しっかりと持っていれば、きっとあらゆる事態に備えることができると思います。

ところで今回の事件では盗まれた側のコインチェックの非難ばかりが目立ちますが、

肝心の盗んだ方については、ほとんど触れられていないのが気がかりではあります。

盗んだ犯人が捕まって円満に解決してほしいと願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする