古物商許可申請 取得までの流れ

古物商許可申請の、必要となる書類、一連の流れをまとめてみました!

スポンサーリンク

最寄りの警察署へ電話

古物商の取り扱いは警察署となっており、まずは最寄りの警察署へ電話をします。

古物商の件でお電話しましたというと、担当の課に繋いでくれるので、初めに自分は古物商を取得しなければいけないのか?確認してみます。

おそらくちょっとした不用品の処分という枠を超え、利益を上げる目的で、継続的に販売を行っているようであれば、必要だと判断されるのかなと思います。

そして必要な書類を揃えてから、再び警察署へ電話をし、いつ伺えば良いか尋ねてみるのですが、私の場合はお昼頃に電話をして、その日の午後に警察署に行くような流れでした。

必要な書類

古物商申請の為に必要となる書類は意外と多く、早ければその日の内に全て揃う場合もありますが、数日くらい掛かってしまう場合もあると思います。

住民票

市役所(待ち時間にもよるが約15分程)

身分証明書

市役所(待ち時間にもよるが約15分程)

こちらは免許証やパスポート等ではなく、市役所で発行してもらう形の身分証明書となります。

※ちなみに「本籍地」の市役所でしか発行してもらえないようで、私の場合は市役所の方に教えてもらい、「請求書・封筒・返信用封筒・返信用切手・定額小為替(手数料の)」といった必要なものを揃え、郵送で取り寄せました。

登記されていないことの証明書

各都道府県の法務局(約10分)

賃貸契約書

賃貸の場合は、賃貸契約書のコピー1枚

※そして賃貸の場合はさらに、大家さんにこういう商いをしてもいいですよという「使用承諾書」というものも必要になるようです。

特に決まった書面・形式という性質のものではないようで、私の場合は大家さんに直接頼んで、普通のA4用紙に一筆してもらい、ハンコを押してもらったものを提出しました。(日付も入れてもらうのがベターだったようですが、日付なしでも私の場合は受理してもらえました)

URLの届け出

私の場合はAmazonの自分のフロントページを、PCでキャプってそれを印刷したのを持って行きました。

おそらくそのキャプに入りきらない程、フロントページのURLは相当長いので、予めURLが完璧に分かる形(メモ、またはコピペして何かに貼付け参照できるように)を作ってから、行くのが良いと思いました。 結局はそのURLの文字列を紙に正確に記入する必要があります。

古物商許可申請書

※上記までのものは自分で用意しなければいけない書類となりますが、以下の3点については、警察署内で記入できるものとなるので、教えてもらいながら誤りのないように記入することが可能です。

住所・氏名・生年月日・主として取り扱おうとする古物の区分 等を記入。警察署内で書く場合、ハンコは忘れずに持って行きましょう!

誓約書

内容を見て、住所・氏名を書いてハンコも押します。

略歴書

実は私が一番懸念していたのがこの部分でした。 略歴書には5年間どんな仕事をしていたのかを記載しなければいけないのですが、私の場合は5年間丸々この事業を行っていたので、「君、思いっきり違反だよね?」と突っ込まれる可能性があったのです。

嘘をついてもいいことはないので、正直に話しましたが、やはりこの事について聞かれることになりました。

私は「現状Amazonの大口出品者であれば、おそらくほとんどの人が違反した形で申請に来ると思います」と、

後はヤフーショッピングや楽天等は、そもそも古物商がないと事業が出来ないといったネット物販事情等も合わせて説明

すると まぁそれはそうだよね という感じで納得してもらえたので良かったです。

プレート

書くものも書き、必要な書類が全て揃ったところで、手数料の19,000円の支払いに窓口へと行き、再び戻って来て、プレートについての説明。

この近くだとここでも買える的な案内をされたので、「後回しにせず今のうちに全部済ませたい」と思って何も考えずにそこから購入しましたが、調べてみたところネットで見るより割高な値段、というかその2倍くらいの金額?を取られたので、格安で作りたい方はこの辺りちゃんと調べてから作った方が良いのかもしれません。

あとは約40日くらい掛かること、届いたら電話で連絡するので取りに来てください ということを告げられ、警察署を後にしました。

まとめ

私の場合は書類集めの方は、郵送待ち、大家さんに使用承諾書を書いてもらう事等もあって、約5日くらい、

金額の方はなんやかんやで合計3万円くらい掛かったのではないかと思いました。

私の場合は担当してくれた方々が良い人だったので、普通に教えてもらいながら、和やかな雰囲気の中、全ての書類を記載することが出来ました。

よっぽどの事がない限り、申請が通らないというケースはまず無いようです。

このような流れで、後は約40日後の審査の結果を待ちます!


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする