Amazon出品者用 購入者からの評価について

0177

当店でも5年以上はせどりをやり、Amazonに出品し続けているので、

評価はそれなりに多いです。

Amazonの購入者の方から見たら「業者のところだ」と思われるくらいは

積み重ねてきたのかなと、思っています。

評価のパーセンテージも重要ですが、単純に「評価の数」も購入者からしてみたら

安心感という意味では少しだけ重要なポイントだったりします。

という訳で出品者のAmazonの評価について色々見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonの出品者の評価とは

Amazonでは購入者の方が商品を受け取り、Amazonでの買い物を満足して頂けたか

という趣旨の元、出品者を評価するシステムがあります。

少し前までは「評価を返してくれるのは、購入者の2割程度」と言われていたり

していたのですが、最近では1割くらいに減ったのではないかと言われており

当店でも前より評価が返ってくる数が少なくなったと実感しています。

1~5の5段階評価で、4以上の評価をどれだけもらえるか、

逆に言うと1~3の評価をいかに少なく出来るかが重要になってきます。

Amazonの出品者の評価のパーセンテージ

ここを結構気にされる出品者の方は非常に多いと思います。

出品のジャンルにもよりますが、本・CD・DVD等のメディア類を中心に

出品されている方は

・98~100%=優秀

・96~97%=問題のない出品者

・94~95%=及第点

こんな感じでしょうか。

購入者の方に表示されるパーセンテージは「過去1年間のパーセンテージ」

ですので、トータルで95%であっても、直近1年が98%なら、98%と表示されます!

家電類なんかたまに購入することがありますが、こちらのジャンルでは90%前後

が多く、90%を切っている出品者も珍しくはない印象です。

むしろ95%以上の出品者が珍しいような状況となっております。

評価の数は売上にどれくらい影響を及ぼすか

結論から言うと、評価のパーセンテージ自体にはそれほど影響力はないかなと

私は思っています。

それよりも重要な要素は他にもたくさんあって、評価のパーセンテージの重要度

からすると、結構下の方にあたると思います。

やはり一番は出品物の質・プライス。これで大体決まってきます。

その下にFBAか個人発送か、商品説明がしっかり記載されているか

それからようやく出品者のデータで比較する

おおざっぱに言うと、私はこんな感じかなと思っています。

メディア類に出品していて93%以下になると、さすがに低いかなと(私は)

思いますが、私の場合は評価93%以下の出品者でも、

商品説明がしっかり記載されていれば普通に購入しています。

価格の高い商品になってくると、「安心して購入したい」という思いは

強いと思いますので、評価のパーセンテージが高いと言うアドバンテージで

購入してくれるお客さんも確実にいると思います。

高額商品を多く取り扱う出品者の場合は、多少影響力はあると思いますが

数100円~数1000円程度の出品物を多く取り扱う出品者にとっては

そこまで気にしなくても大丈夫かなと、個人的には思います。

購入者の方からなるべく低評価を受けない為には

状態のチェックを完璧に

やはり出品者のチェックミスにより、低評価を受ける

というパターンが大部分のウエイトを占めます。

本。特に参考書類に多い「書き込みの見落とし」「付属品のチェック漏れ」

ちゃんとチェックしたつもりでも、見落としているなんてことは珍しくはありません。

私も最初の頃はちゃんと「確認したはずなのに」なんて思っていた時期もありましたが

もっとチェックを入念にすることによって、書き込みを発見できる率がかなり向上し

「書き込みがあった」という内容の低評価は、格段に減りましたので

もしこういった低評価が多い方は、自惚れずに入念にチェックすることをオススメします。

他の出品者の方の書き込みチェックをする様子を見る機会というのは

ほとんど無いと思いますので、自分のチェックはどれくらいのレベルなのか

確認する術はほとんどありません。

私もそうでしたが、「ちゃんとチェックしたのにな~」なんて思っている方ほど

意外とチェックが甘かったりする場合もあると思いますので、

購入者からよく書き込みを指摘される方は、見直してみる必要があると思います。

状態の悪い物はなるべく取り扱わない

利益との兼ね合いもあると思いますが、評価だけで言うのであれば

状態の良いものだけを取り扱えば、評価は高い水準を保てると思います。

中には状態を見ていない購入者の方(あるいは複数注文して状態を忘れている)等の

ケースもあり、いくらこちらが状態の悪さを商品説明で明確に説明していても

「悪い」評価を食らってしまうというケースも何回もありました。

この問題は、当時FBA商品は購入者は購入後に商品の説明を確認することが出来なかった

ことも原因の1つだったのですが、Amazonではいつの間にかFBA商品でも購入後に

商品の状態をチェックできるように仕様変更されたようですので、

不当な評価を受けることは以前より少なくなったのかなと思います。

適切な値段で出品する

当店の悪い評価で意外と目立つのが「高いと感じた」という内容のもの

購入者の方からしてみると、例えば「なんでこんな古いのにこんな高いのか」となる

場合も少なからず発生するようなので、

適性な値段での出品と、状態の悪い物は相場より気持ち安めに出品するのを

心掛けると、こういった評価を避けることが増えると思います。

購入者の方に評価を削除を要請する方法もあるが・・・

これは個人的にはあまりおすすめしたくはありません。

もう今の時代Amazonで初めて購入しましたというお客さんはほとんどいないような

状況にあると思いますので、多くの購入者からしてみたら「自分は適切に判断している」

という感覚でいると思います。

例えば10人いたら2,3人は評価を取り下げてくれるのかもしれませんが、

残りの7,8人からは「ウザい」と思われていると、私は思っています。

元々1000以上、10000評価もらうくらい取引を重ねれば

悪評は避けられないと思います。

1個1個の悪評にビクビクして、その上、対処する時間を割くよりも、

甘んじて受け入れた方がトータル的には良いのかなと 私は思ったりします。

Amazon出品者用のお問い合わせから、評価の削除申請

実はいくつかの事項に該当すれば、評価を削除してもらえることが出来ます。

1.商品についてのレビュー

「思ったよりつまらなかった」「ストーリーが簡潔すぎて中身が無かった」

等、商品のレビューに終始したものに関しては「出品者に対する評価」とは

無関係ですので、削除依頼を出せば削除してもらえます。

2.コメントの中に一般的に卑猥もしくは下品であると考えられる言葉が含まれている場合

このケースはあまり無いと思いますが、もし酷い言葉で悪い評価を受けた場合は

削除依頼を出してみるのもありだと思います。Amazon側もこういった内容の評価は

購入者の方に見てもらいたくないと言うのがあると思います。

3.コメントの中にEメールアドレス、名前や電話番号などの出品者の個人情報、またはその他の個人情報が含まれている場合

これは当店でも1回あったと思います。

不特定多数の方が見れる評価のコメント欄で、こういった内容のコメントがあることは

Amazon側からしてみたら問題だと思いますので、速やかに対処してもらえることでしょう

4.FBAに関係する評価の場合

正確には「フルフィルメント by Amazonのサービスを通じてAmazonから出荷した注文対しての、フルフィルメントおよびカスタマーサービスに特化したコメントである場合」

となっています。

こちらが出品者にとって最も重要で、1番有難いシステムです。

例えば「商品の到着が遅かった」「商品が届かない」等、発送に関する悪い評価は

出品者の責任ではなく、FBAに対する評価ということで、削除してもらえることに

なっています。

実はこのケースは意外と多くて、私も何度も削除依頼を出させていただいております。

これもFBAで出品する際の、1つの大きな特権です。

削除依頼の方法は、「出品者管理画面」の「お問い合わせ」の部分にありますので、

こちらから依頼しましょう。

0176

Amazon側から出品者に対する評価で、削除してもらえるものはいくつか認めて

もらえているので、これらを頭に入れておき、削除してもらえる評価を

全て対応してもらえれば、トータルの評価のパーセンテージは上がってくると思います!

Amazonでよくある評価

ちなみに出品していて色んな評価をもらうことがありますが、

その中でも一番ガッカリするパターンをご紹介しておこうと思います。

「3 普通」

これが一番心が折れます 笑

他にも「3 ありがとうございました」「3 とても良かったです」

等、購入者の評価としては及第点以上のはずが、

Amazonでは「3」の評価でも、出品者側のパーセンテージは下がってしまうので

これに悩む出品者の方はかなり多いと思います。

しかし長い事出品してればこのタイプの評価は避けられないと思いますので

気にしないようにするのが一番かもしれません 笑

まとめ

言いがかりや、変なお客さんというのは、数多く取引してれば避けられないのかと

思います。

とはいえほとんどの購入者の方は悪い評価を付けたくて付けている訳ではないと

思いますので、結論的には在庫の商品にどれだけ良い状態のものが多くあるか

でほとんど決まってくるのではないかと思っております。

あとできれば評価の3は、パーセンテージから下がる対象にはしてほしくないかな

というのが個人的な(全出品者の)想いです。

どうしても悪い評価をなくしたい、1%でも高い評価水準を保ちたいという

出品者の方も少なくないかと思いますが、

その為に購入者の方に評価の削除を依頼したり、

「問題がありましたら評価する前にご連絡ください」といった文言を商品説明や

屋号に記載したりしている出品者の方もよくお見かけします。

私も最初は評価のパーセンテージには敏感でしたが、だんだん考えが変わり

「そこまですることか?」と思うようになりました。

最後に私個人の意見的には、削除してもらえる評価は削除してもらって、

商品チェックはなるべく漏れのないように、その他は気にしないでお気楽に。

売上重視で活動されるのが、精神安定上でも購入者の方にとっても

ベストであるかなと思います!


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする