たそがれ親父さん逝去

0155

2011年 12月

もう年の背 12月は十分セールに参戦したし、ゆっくりと年末を迎えている中、

耳を疑うニュースが飛び込んできました。

たそがれ親父さんがお亡くなりになられたそうです。

スポンサーリンク

たそがれ親父さんの最期

2011年12月29日 22時15分 大動脈瘤破裂の為とのことです。

確か奥様がなかなかお風呂から上がって来ない、たそがれ親父さんを心配して

見に行ったところ倒れていて、そのまま息は吹き返さなかったということ

だったと思います。

年齢は64歳で、精力的に活動を続けられていた中でのことだったので

驚いた方も多かったのかと思います。

たそがれ親父さんとは一体どんな人?

たそがれ親父さんとは、この頃せどりをしていた者にとっては有名な

せどらーさんで、

「たそがれ親父のせどりノート」(現在はブログ閉鎖)

というブログは多くのせどらーさんが更新を楽しみにしていたと思います。

私もせどりのブログでは一番楽しみに読んでいたブログでした。

たそがれ親父さんが有名な理由の1つはこちらの本です。

4883204685
大金持ちも驚いた105円という大金評価:5つ星のうち4.6 4.6点
著者:吉本 康永
発売日:2009-05-22
Amazon.co.jpで見る

当時では大変希少なブックオフせどりについて触れた本。

また、たそがれ親父さんが借金を抱えて、それを返済する為に始めた

というエピソード等、とても興味深い内容となっていて、

たそがれ親父さんは読書好きな方で、ご自身でも他に何冊か本を出版されている

ほどで、文章能力にも長けているので

単純に読み物としても良い内容となっていると思います。

Amazon書籍ランキングでも当時は平均して20万台とか10万台くらいをキープ

していたと思います。

一般的にも結構売れていたんだと思います。

その為、運がいいとブックオフの105円コーナーで出会うこともあったりします!

当時は800円~1,000円くらいの最安値で取引されていたと思うので

回転も比較的早く、105円コーナーに落ちていれば

かなり嬉しい気持ちになります 笑

私は我慢できずにAmazonからポチッっと買って読んでみました!

(確か読んだ後だが1度だけ、ブックオフ105円コーナーでせどりした記憶がある)

たそがれ親父さんのブログ内容

そんなたそがれ親父さんが書かれたブログなので、

内容も面白いものとなっておりました!

たそがれ親父さんは作業量が半端じゃないので、基本的にはせどりの

日常の内容が多かったです。通常仕入やセール仕入、出品や発送等について。

ブログは毎日更新されていて、今日の売上冊数と売上金額も最後に書かれて

いるのですが、こちらも楽しみにしていました。

今はもうたそがれ親父さんのブログがないのですが、

たそがれ親父さんの売上を記録していたサイトがありましたので、

こちらのデータをお借りさせていただくと、

日付 店舗数 せどり冊数 せどり金額 せどり平均単価 売上冊数 売上金額 売上平均単価
2011/12/28 4店 120冊 43,395円 361円 57冊 60,951円 1,069円
2011/12/27 6店 80冊 35,635円 445円 63冊 57,600円 914円
2011/12/26 1店 13冊 3,390円 260円 57冊 46,378円 813円
2011/12/25 3店 153冊 47,867円 312円 49冊 42,425円 865円
2011/12/24 2店 34冊 14,115円 415円 63冊 50,504円 801円
2011/12/23 4店 131冊 50,886円 388円 55冊 45,294円 823円
2011/12/22 0店 0冊 0円 0円 55冊 52,458円 953円

http://takebook167.blog.fc2.com/blog-entry-160.html

最後の1週間はこんな感じとなっておりました。

年末で売り上げが下降する中、5万前後をキープしているのは凄いです。

売上もそうですが、毎日これだけの量を仕入れてきて、出品して、発送もして

と改めて凄さに驚かされます。(奥様が多少手伝っている部分もありますが)

たそがれ親父さんを一度セールでお見かけする

私はいつも通り前日下見をして、当日も朝早くから並んでいました。

いよいよ開店の時間が間もなくに迫ってきたころふと気づいたのですが

一番後ろに老夫婦の姿が

私は「もしや!」と思いました。

ネットで「石原裕次郎さんに似ている」と見たことがあったので、

多分あの方はたそがれ親父さんだろう。と思いました。

私はお目当てのものの回収に奔走しましたが、

その方はやはり下見をしないセールに慣れているようで、一瞬にして

高そうな本を手に取り回収されていたようでした。

私が狙っていたもののいくつかは回収できなかったので

たそがれ親父さんが一瞬にして目利きで良本だと仕入れたのかと思います。

さすがだなぁと思いました。

私は比較的早くレジに行き帰る時には、その方はずっとサーチされているようでした。

その日の夜の楽しみといえば、たそがれ親父さんのブログの記事更新!

おそらく私が行った店舗の名前を出して、いつも通り仕入店舗・冊数・金額

等を更新されると思っていましたので、

すると、やはり私が行った店舗の名前で記事が更新されていました!

やっぱりあの人がたそがれ親父さんだったんだ!

と嬉しかったのを覚えています。

「今日のセールは全然仕入れできませんでした」

等というコメントも少し期待していたのですが、そんなことはなく

いつも通りの仕入れ量・金額くらいに達していたようでした。

まだまだ懸命にくまなく探せば、もっとせどれる本は出てくるんだな

ということを学んだのも、この時だったような気がします・・・!

たそがれ親父さんから学んだこと

たそがれ親父さんはセールの下見とかをされないせどらーさんでした。

多くのせどらーさんはセール前に下見をしてから当日参戦するのですが、

競争率が上がると汚いことをするせどらーさんも出て来ます。

そういった中で、下見もなしでセールであれだけの冊数をせどり、

曲がったこともせず、店内では目利きと携帯サーチで冊数を稼ぎ、

他のせどらーさんがさっさと切り上げて帰っても、長時間諦めず

見逃しているもの等もせどり、かなりの冊数を1回のセールで購入されていました。

そして帰って来てからも休まず出品。

その作業量は平均的なせどらーさんを遥かに凌ぎ、そういった点でも

他のせどらーさんから一目置かれる存在でした。

真面目に取り組む姿勢・勤勉さ・タフさ

とても見習うべき点が多かった、偉大な方だったと思います。

たそがれさんの良いところを見習って、これから気持ちを新たに

せどりに臨みたいという想いになりました。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. アバター TAKE より:

    ブログ拝見致しました。
    これをお書きになられたのは、今年2016年でしょうか?
    私はここに出てくるたそがれ親父に若かりし頃、大変世話になった者です。
    たまたま偶然、訃報を知ることになり、急遽年末の葬儀にも参列させて頂きました。
    私の人生に大きな影響を与えてくれた一人だと、今でも時折思い出します。
    もうあれから5年が経つのですね。
    実はせどりというビジネスをされているとは知らず、近所のブック◯◯で、彼の人の
    姿を拝見したことがあるのです。というか、あとからあれは・・・と思ったのでした。
    どうも似ているな?もしかすると・・・と思ったのですが、結局声をかけられずじまい
    でした。
    県内ではかなり有名な方。影響をもらった人達は、多いと思います。
    改めて、ご冥福をお祈りする次第です。

    • N N より:

      はい。こちらは記事の作成は2016年になります。
      リアルタイムではなく私がこれまで行ってきたせどりの記録を、今になってから順次記事にして更新している形になります。

      たそがれ親父さんはこの頃のせどり界では有名なお方で、ブログの内容が非常に面白く、せどりに関する本も出版されていることもあり
      せどりの人と何人か話す機会がありましたが、その方達もたそがれ親父さんの事を知っていて、ブログも楽しみにしていたとのことでした。

      せどり以外にも大学に関する本なども出版されていたりと、せどりをされる前からも各方面に影響を与えられていた方なんだなと
      改めて実感する次第です。
      貴重なコメントありがとうございました。