東日本大震災時のせどりへの影響

0103

2011年3月11日

今からちょうど5年前の今日

この当時私は関東にいました。

早いものであの時からもう5年が経ちます。

日本人にとってあの日は忘れられない日となりました。

スポンサーリンク

地震発生当時の私

私はその日、午前中は仕入に出かけていました。

それから帰って来て、お昼過ぎからは家で過ごしていました。

14:46分頃 私はトイレにいたのですが、何やらメキメキ変な音がしたので

最初は「上の住人あたりがうるさくしてるのか?」と気づかなかったのですが、

それからすぐ大きな揺れが来ていると分かって相当焦りました。

携帯と財布を持って、とりあえず倒壊しても大丈夫そうな場所・・・押入れの中か?トイレか?

ちょっと正常な判断が出来ないくらい揺れていました・・・!

押入れもこじんまりしていて上下二段に分かれていて、頑丈そうかなと思って下の部分に身をひそめました。

その中で私は下手したら死ぬんじゃないかと一瞬頭を過ったのを覚えています。

揺れ自体は凄かったものの、それほど家の中がめちゃくちゃになる程だった訳ではなく、

本棚から本がたくさん落ちてきた等ということはありませんでした。

とりあえず私はテレビを付けました。

普段全くテレビを見なくなってネットばかり見ている私でしたが、この日ばかりはテレビにかじりつくように見ていました。

そしてしばらくの間はテレビのニュースばかり見るようになりました。

それから外にも出てみました。

やはり周辺の住民もこの事態に動揺しているようでした。外を歩いている時にも再び大きな揺れも発生していました。

こんなことってあるのかと。まるでゲームの中にいるようでした。

交通機関がマヒして家に帰れない人もたくさんいる中、家にいたことにも感謝しました。

当たり前のことが当たり前でなくなった瞬間でした。

せどりの面についてはどのような影響が起きていたのかについても触れておきたいと思います。

東日本大震災時のせどりへの影響

Amazonサイト内においてFBA商品の販売が停止

当時は市川FC(千葉県)に預けていたと記憶していますが、

私の場合は自己発送無しで全てFBAに委託していたので、非常に忌々しき事態でした。

一時的に収入がなくなる上に、いつ再開されるか分からないという状態でした。

これだけなら一時的に売れない日があるだけで、

年間トータルでは影響はそれほど出ないと思います。

結局はどれだけ出品したかで決まってくるので、

しかしこれに伴い、本当に痛かったのはこちらの方でした。

FBA出品商品の倉庫への新規受入れも停止

当然販売をしていないので、新規の納品の受け付けも停止状態でした。

無期限で納品できないということが私にとって一番の問題でした。

出品手続き自体は出来るので、とりあえずFBAに送る前段階まで出品を進めておきましたが、

家での保管にも限度があるので、一刻も早くこの大量の本をFBA倉庫に送りたい・・・!

家はしばらくFBA発送待機の本でかなりのスペースを取られていました。

倉庫に発送できる日が近いうちにくることを信じて、

いつでもFBA発送できるところまで進めておきました。

市川FC内においても震災の影響による商品の破損・補填

震災当時はニュースにかじりつきだったと言いますか、よく見ていました。

千葉県では地震の影響で液状化現象というのが発生していた地域等もあり、

市川FCにおいても水濡れ(かどうかは分かりませんが)等によるFBA商品の破損もあったようです。

私が預けていた商品にもいくつか破損があったようで、それらの補填額が入金されていました。

補填される金額の算出については明らかになっていないようなのですが、おおよそ出品額のやや低めくらいとなっているそうです。

BOOKOFF セールの自粛

仕方のないことですが、しばらくセールが無かったのはせどらーにとって痛いところでした。

やはりセールに参戦して仕入れた物の比重というのは、

この頃かなり大きいものがありましたので。

しばらくは通常の仕入れだけで賄うしかありませんでした。

BOOKOFF 臨時休業・営業時間の短縮

震災の影響により電力不足の為、

夜間の看板の電気を切ったり、営業時間を短縮するなど

BOOKOFFも行っておりました。

震災の直後は、特にセールがないということで、近所のBOOKOFFを中心に足を運んでいました。

BOOKOFFについたら今日は休みだった。ということもありました。

出品(納品)ができない今、出来ることは仕入れだけですので・・・。

これだけの大きな出来事なので、Amazonの相場もかなり変化が

この震災の影響で特別に需要がかなり上がったものもたくさんあったことと思います。

例えば震災当日のニュースでは、家に帰宅する人が交通機関がマヒしているということで

自転車を購入して家まで帰るという人が急増して、

自転車屋にある自転車が全て売れた

という報道も見ました。

図らずしもそれは「せどり」の方にも影響は出ていました。

今回の影響で特別に売れたジャンルの本というのは何個もあったことと思います。

私も震災後数日以内に訪れた最寄りのBOOKOFFで「!?」っとなる本を見つけました。

ランク5ケタ以内で価格が1万超えの文庫本がありました。

FBAで送れないので、即売れしそうな本だけ「自己発送」にして出品をしていましたが、

この1万超えの本はすぐ売れてくれました。

FBA商品販売停止で、収入がストップしていた私にとってはとても助かった1冊でした。

この本はタイトルから察するに「いのち」に関する本で、今回の影響で値上がりしたものと推測されます。

特にAmazon内においてはFBA商品がAmazonから姿を消している状態なので、

かなり物の相場が変わってのではないかと思います。

平常状態に戻るまで

FBA商品の販売再開・FBA商品納品の新規受入れ再開

このお知らせを待っていました。

4月初旬くらいだったと記憶していますが、メールにてお知らせが到着しました!

これでようやく溜まっていたFBAが送れるぞ!

と思い、次々とスタンバイしていた発送予定のものをFBAの手続きを済ませて発送。

これを繰り返して家の中がようやく片付きました。

そしてFBAの商品もAmazonのカタログから再び姿を現し、販売が再開。

これで一時途絶えていた収入が復活しました!これで一安心しました。

BOOKOFFも徐々にセールを開催する店舗が増え始める

震災から1ヶ月くらいが経ってからでしょうか。

私の最寄りの店舗あたりだとセールを再開しはじめてくれたりしていました。

最初は「お店によっては」という感じで、BOOKOFF全体でセールを再開していた訳ではなかったように思います。

私もセールの情報を見つけては、またセールに参戦する日々に戻りました。

おそらく2か月後のゴールデンウィークが終わったあたりから、全体的にまたセールが戻り始めたのではないかと思います。

今ある「当たり前のことに」改めて感謝しなければいけないのかなと思いました。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする