これならやっていける この道でやっていく

0054

せどりをはじめたきっかけ・それ以前の私 記事より

私はせどりを副業として始めた訳ではありませんでした。

もしかすると多くの方は仕事をしながら「せどり」という存在を知り、仕事に帰りにちょっとブックオフに寄って仕入れてから帰ったり、休日に仕入れに行ったり

そんな感じの日々の中、あるいは本業を辞め、せどりの専業になった方もいると思います。

今、このせどりで生計を立てられている方はどのような状況でせどりと出会いましたでしょうか?

私の場合は仕事をしていない時にせどりを知り、いきなりせどり専業としてのスタートでした。

せどりを知り、携帯サーチツールも手に入れた3月頃から精力的に活動し、仕入れ・日々多くなってくるAmazonの注文数・発送 という日々を過ごしていました。

それ以前からやっていた「ヤフオクで安いのを落札してAmazonへ出品・自分で持っていたものを処分のため出品」も合わせてですが、2010年5月の月商は20万を超えるようになりました。

それ以前は親の仕送りを頼っていましたが、自分の収入で生計が立てられるようになり、確か6月からは「もう仕送りは大丈夫だから」とこの道でやっていくことにしました。

頑張ったら頑張った分だけ自分の収入になる。

というのが大きな魅力の1つでした。

私事ですが、民間の企業に就職しなかった(面接は何回か受けに行ったが、いずれもできなかった)理由の1つとして「少しまとまったお金がなるべく短期間で欲しい」という願望がありました。

ひとまず親を頼らず自分の収入で生活できることになり一安心したのもありましたが、

せどりと出会ってからは大きな収入を得ることも夢ではなくなり、そこに可能性を見出していたので、当時は夢中でこの生活に没頭していたように思います。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする