そういえば私は情報商材というものを見たことが無い

私がせどりを始めた時期が2010年と、そこそこ早かったこともあってか、

情報商材というものは、「見る必要が無かった」という感じでした。

携帯サーチツールでひたすらピコピコと検索するだけですからね。

それから程なくしてせどりはセール戦争へと突入するのですが、こちらでもひたすら

前日の下見をして、当日早く並んで回収するといった性質のものでしたので、

今にして思えば「逆に情報商材で何を学ぶのだろう?」という感じでしたので、

情報商材を見てみよう という発想になりませんでした。

今の私からしてみれば、

実際にお店に通い続けて、棚を見まくり、検索をしまくり、販売を何年も続けた結果

培ったノウハウというのは、確かにあると思います。

情報商材も何も見ていない、現場で得た情報だけで成長してきた私からしてみたら、

「何でみんなこれはせどらないんだろう」 という部分もいくつか持っており、

そのおかげで今もせどりが成り立っている部分もあるのですが、

それはもしかしたら、情報商材とかには「これは売れない」みたいなことが書かれている

のかな? なんていう風に思ったりもしています。

つまり、逆に情報商材を見たことによって、思考が限定されてしまっている、

重大な何かを見落としてしまっている といった現象が「発生している可能性」も、

私の中では考えられる訳です。

その上、私はこの手のものに対しては

「本当に美味しい情報は他人に教えない」という考えを持っていたりもしますし、

情報商材を見てしまったが故に、固定概念が生まれてしまうリスク等も

自分自身、そして他の人達を見て、感じるところもあります。

ここまで私なりの自論を書いてみましたが、私よりも全然凄腕のせどらーさんは

「○○という情報商材を見てみて」等というブログの記事も普通に書いていたりするので、

結局は自分次第という感じの結論となってしまいますが、

1つの例として、少なくともここに

情報商材を見ずとも、長きに渡ってせどりを続けているというサンプルがあること

そしていくら情報商材を見ても、すぐに辞めてしまった人達の多くのサンプルもあること

情報商材を見て、その中の情報だけが全てと思い込んでしまったり、学んだことだけを

機械的に実践するだけになってしまったり 等

中身を見たからといって、知識としては+50を得たのかもしれませんがそれと同時に

-10や-20になっている部分も、人によってはあるのではないか という点

アフィリエイトでも何でもそうですが、結局は多くの人が長く続かないという中において、

「じゃあ情報商材で勉強すれば儲かる」等と安直に答えを求めてしまうような人は、

せっかく手を出しても結局は長続きしないのではないでしょうか。

単純に、もっと根本的な部分の方が重要だったりするのかもしれません。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする