下降する売上

2014年夏くらいからでしょうか

当店ではこの辺りから、全体的な売上が落ちてきている感じがありました。

たまに神仕入れこそあるものの、やはりせどり全盛期と比べて、セールの開催も

無くなり、

赤カートを独占した時みたいな、かなりおいしい仕入れというものが、どんどん

減っているから というのが主な理由かと思われます。

とりあえず赤カートや、単Cコーナーからの仕入れが格段に減ってきているので、

105円というほぼノーリスクな値段で買えて、400円~数千円の本が、あっという間に、

良い時は数十冊と仕入れ出来ていた 恵まれていた時と比べると、

やはり利益率は年々下がっていますし、

セールでがっつりと安定して一度に仕入れできることもなくなってきたので、

当時としてはそんなに実感は無かったのですが、

たまに出会う神仕入れに頼っている部分は大きかったと思います。

「あの時、めちゃくちゃ良い仕入れ出来たのに、なんでこれしか売れてないんだろう?」

という月が増えていき、

年末や、調子の良い月なんかを除けば、月商100万を切ることが普通となってきて

しまっていました。

徐々にせどりも厳しい状況へとなっていった頃なのかなと思います。

今にして思えばこのくらいの時期は、

普段の仕入れの質が、気づかないうちに悪くなっていて、

その分は年に数回訪れる神仕入れで補っていたものの、

全体的には、せどり全盛期に比べて悪くなっていた。

という感じだったのかなと思います。

とはいえ、その分せどらーさんの数も比例して少なくなっていたことと思いますので、

このくらいの時期ではむしろ珍しい部類になっていたと思われる

ビームではなく、ガラケーで頑張っているタイプのせどらーでしたが、

その分、雑誌や児童書の大幅値下げのチャンスも見逃すことなく、

運良く神仕入れのチャンスが訪れ、何とか全体の売上をそこまで落とすことなく

せどりを続けていくのでした。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする