出品できる状況・仕入先 これらの環境がもし無くなってしまったら

ごく当たり前のお話かもしれませんが、その「ごく当たり前」が無くなってしまう日が、

いつか訪れるかもしれない

そんな危機感を覚えた、ここ1・2週間の出来事をまとめておこうと思いました。

スポンサーリンク

FBA出品でのこと

まずは年始に仕入れをした商品を、FBAに発送する作業に追われていたある日の事、

Amazonからメールが届き、FBA納品に不備があったらしく、

一時的にFBA新規納品が停止してしまったのでした・・・!

私のミスによるものだったのですが、何故こんなミスが起こってしまったのか

皆目見当も付かず、自分のせいであることは間違いないも、正直どこか納得が出来ない

というそんな心境でしたが、そんな自分を抑えAmazonの方とやり取りをし、

その時は事なきを得て出品が再開できることになりました。

仕入れ先でのこと

そして最近再び通い始めた仕入れ先でのこと。

そのお店にはせどらーさんがいるところを一度も見たことがなかったのですが、

なんと数名が携帯を持って何やら調べていたのでした・・・!

今まで1度も見たことがなく、そしてこれからもせどらーさんが来ないものと

思っていて、むしろこのお店ではせどらーと悟られない為には1度の仕入れで

どれくらいまでに押さえていけばいいか 等と悠長なことすら考えていたところなので

青天の霹靂でした

「嘘だろ~」という思いを抑えつつ、せどらーさんを何気なくチェック。

どうやらビーム等は使っておらず、携帯のサイトから自分で入力して調べているようでした。

このご時世、中古店ではネットではいくらくらいで売られているのか、調べてから買う

お客さんも珍しくはなくなりました。

しかし明らかに利益の出る商品を検索し、何点も購入しようとしているようでした。

とりあえず私は他のお客さんには(おそらく)分からないようにビームを当てまくり

さりげなく場所を離れたりして検索し、ある程度購入してお店を後にしました。

「今まで見たことなかったのにまずいな・・・あの人たちがもしもっと強力なせどらー

になってしまったら・・・」

この時、ハッっと気が付きます。

「まてよ・・・もしAmazonで出品できなくなったり、仕入れ先が今のままの状況で

なくなってしまったら・・・?」

しかしよく考えてみると、先程の人達がビームを持って本格的なせどらーになって

しまう可能性は低いことに気が付きます。

何故ならバーコードリーダーは3万円もするからです。

先程の人達を見るに商品をネットで検索してみて、利益が出そうなものがあれば数点

購入して、おこずかいが増えてくれればといった感じのお客さんのように見えたからです。

それくらいの感覚でいるのであれば、3万円のバーコードリーダーの敷居はかなり高い

ように思います。

私だったらビームに辿り着いたとしても、この値段を見て買おうとは思わないと思います。

(とはいえ、可能性は低いというだけでせどりに目覚めてしまうかもしれないのですが)

受領されないFBA

とりあえず仕入先の方は「大丈夫な可能性は高いだろう」ということで、一端は置いて

おきまして、問題はこちらの方でした。

問題があったFBAの箱が返送されてきている状態だったので、再度FBA納品手続きをして

発送の方をしていました。

しかし数日経ってもなかなか受領されず・・・先日やらかしていたばかりなので、

「まさか、また何かミスでもあったのか・・・?」そんな一抹の不安も出てきました。

もしそうだとすると、立て続けに2回のミスということは、出品停止では済まなくなる

のでは・・・!?

受領されないということは、少なくともその可能性がある状況にいるということで、

冷や汗が垂れてくるような状況です・・・!

もしもAmazonで出品アカウントが閉鎖になってしまったら?

ネットで色んなサイトを見ていると、同じミスを短期間で2回おこなってしまうと

アカウント閉鎖になるという情報もありました。

そしてアカウント閉鎖ということになると、

・新規の納品が出来ない(Amazonはアカウントは基本1人1つまで)

・FBAの在庫が全て送り返される

・まだ支払われていない状態の売上げも没収

もしもこんな事になったら大惨事です。せどりの終了・破滅とも言える危機的状況です。

自分は何もミスしていないはずだ。もし何かあったとしても自分ミスによるものでは

ないはずだ・・・!

そう思いながら、気が気ではない状態で数日を過ごすこととなりました。

まとめ

結局それから数日後に、無事FBA納品は受領されて本当に一安心。

ただ単に受領が遅かっただけのようでした。

可能性は低かったとはいえ、あと一歩でアカウント閉鎖・せどりの終了という危機で

あったので、地の底からはい上がったような気持ちでした。

とはいえ、これからも私の場合は何かミスがあってはマズイ状況には変わりないので

ひとまずは「今年1年間、何も納品に不備がないようにすること」

を目標に、毎回気を付けながら納品作業をしていきたいと思いました!

「もしもAmazonで出品ができなくなってしまったり、仕入れ先が今のような状況で

なくなったとしたら・・・」

こういったリスクは0ではないんだということを身を持って知ることができ、

そして今ある状況の幸せさを実感している次第です。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター チャーリー より:

    FBAの納品は気を使いますね。 間違いがあったことも、過去あったのですが、大変ですね。 それもあって一時、納品が楽そうなスキャン納品も考えましたが、いまのところ、そこまでは行っていません。まあお互い気をつけましょうね。