ビーム全面禁止のお店もちらほら増えてくる

このくらいの時期からであったでしょうか。

以前にも増して「ビーム禁止」のお店が増えてきたようでした。

私の近所の店舗の1つでも、いつの間にかビームが禁止になっていたようで、

仕入れ中に単行本コーナーでひたすらビームを当てているせどらーがさんが、

店員さんに注意されているところを目撃しました。

店舗によっては貼り紙に「ビーム禁止」的な文言を、曖昧な表現ではなく、

しっかりと表していたり、

そういった貼り紙ではなく、店員さんが店内でビームの人を見かけたら注意するよう

全店員に指導しているような感じの店舗もあったりと、

お店によってまちまちな感じではありましたが、ビームに対する風当たりは日に日に

強くなっている印象がありました。

ビームせどりの人も店舗を選んでやっている様子で、注意された店舗ではやらずに、

ビームしても注意されない店舗に絞って、やられているようでした。

ちなみに私はこの頃まだガラケーで検索していて、

ビーム禁止店舗ではガラケーは注意されないという店舗も多かったので、

むしろそういうお店こそチャンスも多かったという感じで、せどりをしていたように

思います。

もちろんこうなってしまったのは言うまでもなく、

ビーム行為がお店にとって迷惑だから・ビーマーさんのマナーが酷いから

という当然の理由があります。

百歩譲って、ビームをひたすら当てている光景は良いとしても、

・店員が来ようが他のお客さんが何人来ようが、全く意に介さず、その場を占領し、

むしろドヤ顔でビームを当て続ける

・せどれる本をカゴに(何かアピールしたいらしく)あえて音を立てて放り込む

・自分の隣に、本で満タンのカゴを数カゴを置きながらビームを当て続けている

(最高6カゴくらいを、何かを誇示するかのように自分の隣に置いている猛者もいた)

「いつホームレスになっても、躊躇なくゴミ箱が漁れそう」

という感じの、ビーマーの方も少なくはなかったと思いますので、

お店からしてみたら、こんな異様な光景を見せたくない・変な客がずっと張り付いていて

近づきたくない・他のお客さんが棚を見れない 等といった理由で、

酷い場合は店員さんの逆鱗に触れて、「ビーム禁止」となったお店も、1軒や2軒では

済まなかったということでしょう。

風が吹けば桶屋が儲かる ではありませんが、

そんな風にせどりしても、どうせすぐにやめることになるんだから・・・

と、私が「あちゃー」と思うようなスタイルでせどりをされていて、

「あれ?この人まだ続いてるんだ・・・」というせどらーさんは、

私が知る限りは1人もいない というのが私の中の法則としてあり、

あの時見かけたあちゃーなせどらーさんはほぼ全員、程なくしてやめて行かれている

ようなので、

どうせせどりに足を突っ込んだのなら、すぐにやめることが運命づけられている前に、

マナー良くせどりをやられた方が、全ての人の為になり、結局自分の為にもなるのにな~

と、私は感じています。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする