新潟遠征 2日目

8:30頃 起床

非常にぐっすり眠れました。ここのところ暑い日が続いていたので

空調の効いているホテルの寝心地が抜群に良かったです。

出発の支度がゆっくりになってしまい、10時OPくらいに到着する予定だった

店舗へは遅れてしまいそうですが、この日回る店舗を考えると少し遅くなっても

いいかなとも思いました。

ホテルの駐車場へ行き、ブックオフ新潟村上店を目指して出発します。

ここからは60キロ以上は離れているので高速道路へ。最初はスムーズに進んでいたの

ですが、途中からは高速なのに一車線という道もあって、たまに渋滞になっており

「事故でもあったのか」というくらいノロノロ進むところもあるのですが、

着実に進んでいるので事故とかではない模様

高速道路なのに何でこんなにノロノロになるのか という不思議な高速道路でした。

そんなこともあり新潟村上店に到着したのは11時くらい。

ここからせどりを開始しますが、新潟の北側に行ってもせどれる量は変わらず 笑

ポツリポツリと、せどれそうなものが発見出来るという感じ

おかげで店舗移動はスムーズに進んで行きます。

こちらは2店舗目の新潟中条店

お昼は新発田に向かう国道沿いにある「イノ文化洋食」さんというお店に

ハンバーグがウリのお店だったようですが、パスタを頼んでしまいました。

ハンバーグにしておけば良かったです。

その次に寄った新発田店では、店内に読書スペースがあるというユニークなお店でした。

ブックオフでも地域地域で色んな特色があって面白いですね。

他にもブックオフ全体として、立ち読みを歓迎している雰囲気がありました。

ちなみに2日目はこの新発田店でなかなかの仕入れが出来たものの、他の店舗は

かなり微妙な成果が続きました。

割とサクサク新潟駅の方まで南下しながらせどりを続け、

思ったよりも早く全ての店舗に回れてしまったので、駅前のヤマト運輸営業所まで

向かい、新潟で仕入れた荷物を全て自宅へ発送します。

そういえばヤマト便の規定が今年の4月に変更となりまして、

荷物30kg以上は取り扱えないということになったんですよね・・・

(訂正:1箱につき30kg そしてヤマト便の送料自体も上がった模様)

遠征でたくさん仕入れてヤマト便で送っていたという方も多かったのではないでしょうか

測ってみたところ総重量30kgは超えていたので、宅急便2箱での発送となりました。

(ヤマト便で送っていても送料はおそらくほぼ変わらず)

しかし今回の新潟せどりは「量は少ないけど質はいい」という仕入れ内容だったので

送料はそこまで痛手となりませんでした。

夕食は新潟駅にある「小嶋屋」さんというところで

新潟名物の「へぎそば」を食べてみました!

めちゃくちゃ腰のあるこの麺は、初めて食べる食感でした!

各種てんぷらも美味しくて良かったです!

スポンサーリンク

新潟せどりまとめ

さて新潟のブックオフ事情というものを差し障りの無い範囲で挙げていくと

・何故かクレジットカードに対応している店舗がほとんど無い

・単品管理シールを導入している店舗が無い

・多くのお店がハードオフやホビーオフ系と一緒になっている

こんな感じで、かなり特徴のある街だったと思いました!

単品管理シールじゃなかったのと、普段の仕入れではお目にかかれないような

商品があったりもして、単品管理以前のせどり時代の仕入れをしているような感覚に

なることが出来ました。

(ただ得意なジャンルに関しては割と不発という感じで相殺されてしまった部分も

ありましたが)

せどらーさんと思しき人は1人だけしか遭遇しませんでした。

その方もあまり目立たずにやられていた感じでした。

あとはビームに関しては1度も注意されることなく仕入れを終えることが

出来ました。私はかなり目立たずビームを使うので注意されなかっただけかも

しれませんのが、そこまで厳しくチェックしているという印象はありませんでした。

(本当に厳しいところは携帯の画面見てるだけでマークされたりもした)

ただ単品管理でもないのに、あからさまなビーマーの人がいなかったという点は

もしかしたら目立つお客さんは注意しているという可能性もありそうです。

(2日しかいなかったので、もしくはたまたま見かけなかっただけか)

ちなみに余談ですが、新潟という街は私的にとても好印象で

・駅周辺は若者を中心に人が多くて、とても活気のある街

・美味しい食べ物が多い

そして日本でも有数の大きな花火大会がある等、住むにはいい街だな~と思いました。

別な日に新潟名物の「たれカツ丼」も食べましたが、お肉がジューシーでタレの味も

絶妙でかなり美味しかったです!

とりあえず思ったことは、新潟せどりをやってみて良かったということ!

単純なせどり収支的にはそれほどでもなかったかもしれませんが、色々と

目に見えない部分でプラスだったことが大きかったと感じました!

日々の変わらぬ日常から離れた様々な体験というのは、今後色んなところで生きてくる

と思います!

そしてまた、日常のせどり業務の方も頑張って行こうと改めて思いました!


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター チャーリー より:

     Nさん新潟レポートありがとうございます。 新潟エリアはコツコツ、多く店舗を回れば、利益率でいいものが拾える感じですね。 私はメインがディスク系なので一寸事情は違うかもしれませんが、大変参考になります。 単品管理のシールが無しってのは、千葉の方でもたまにあったので、ハードオフ本社のページを見てみると柏とかそこら辺の店舗は系列みたいです。
     遠征は私も、結構行きますが、1店舗で10万以上とか爆発があると利益的にまあまあって感じになるので、なるべく多くの店舗回るようにしてます。 来週は、関西、中国エリア、その次は群馬、新潟、長野あたりを計画中です。 
     そう言えば、長期保管料来ましたね。 私も一旦戻しも掛けましたが、2万くらいは払う感じです。 後期は、こまめに価格調整して、在庫の返送も計画的にやって、保管料は大幅に削減ですね。

    • N N より:

      昨年北海道へ行った時はほとんどの店舗が単品管理になっていて、もう全国的に単品管理が進んでいるものと思っていたので
      一切単品管理が導入されていないのには驚きました。
      単品管理ではないお店もチラホラはありますよね。

      ヤマトのHPで確認したら1箱につき30キロまでという記載でした。総重量が大したことなかったのでヤマト便で送っていても
      ほぼ宅急便2箱と同じくらいの値段だったようでした。
      記事の方は少し訂正を入れておきたいと思います。

  2. アバター チャーリー より:

    追伸
    ヤマト便って一つの箱で30K以上は不可で、2つの箱に分散したら、大丈夫のような気が。 しかし、ヤマト便って改訂と同時に料金も上がって、FBAの発送は宅急便で送るほうが最近多いです。 ヤマトは契約しているので、少し宅急便は安くなりますので。

  3. アバター マッキー より:

    Nさん 新潟レポートありがとうございます。
    最近、せどりに興味を持ち始めたばかりですので、
    大変勉強になります。
    遠征する価値があるということですね。
    これからの記事も楽しみにしています。

    • N N より:

      コメントありがとうございます。
      普段せどりをしない地域でせどりをすると、自分だけが強いジャンルを持っていれば、他のせどらーさんが見落としていて
      けっこうせどれたりするということがあるので、期待値は高いのかもしれません。
      その分、遠征費などはかかってしまいますが、仕入力のあるせどらーさんは頻繁に遠征したりしているようです。