せどりの出品作業について

せどり業務の作業と言えば大きく分けて 「仕入れ」「出品」「発送」

この3つになります。

各作業に対して、せどらーの皆さんはどのような感情を抱きながら作業を行っているのか

見てみたいと思います。

スポンサーリンク

発送

この3つのうちの「発送」はFBAに納品して、保管発送からは解放されている

せどらーさんも多くいらっしゃることでしょう。

私の場合もそうで、発送はFBAにお任せして、「仕入れ」と「出品」のみに時間を投入

しているような状況です。

この3つのうちを個人でやるとしたら、「発送」作業が一番キツイですかね・・・

いつもの発送業務

こちらの記事でも詳しく触れているのですが、2日に1回は必ず20、30と

それくらいの個数を発送する商品があると、それだけで意外と時間を取られたりしますし、

規模が大きくなれば保管も大変になります。

FBAの発送作業を行う従業員の方は、これが専門ですし、かなり効率化されたマニュアル

の元で行っているので、そこまで精神的な負担は感じていないのかもしれませんが、

仕入れと出品作業もこなしている傍らで、ある程度まとまった数の商品を、効率の

良くない発送作業でせっせとこなし、「それを2日に1回必ずやり続けなければいけない」

という状況は、今思うと精神的な負担となっている部分はありました。

仕入れ

私は仕入れに関してはお宝探しのような感覚で、ある程度楽しめている要素もあり、

苦に感じるということはあまりないのです(セール開催時の下見に行くのは苦痛でしたが)

今でもたまにお見かけする単行本か新書本あたりのコーナーで、ひたすらビームを

全ての商品に当て続けるというせどらーさんはどう感じているのかも気になるところ

ですが、

基本的に現在ブックオフを中心にせどりをされているせどらーさんは、

自分だけが知っているような仕入れのノウハウを駆使して、他のせどらーさんが

見落としているようなものを仕入れる。

誰でもせどりが出来た一時期に比べると、遥かに良い、理想的なお宝探しの環境が

整っているとも言えるかもしれません。

私の場合はレンタカーを借りて朝10時から閉店まで、丸1日掛けて効率よくある一定の

地域を回る、という感じの仕入れスタイルですので、大変と言えば大変ですが

仕入れが嫌になるということも無いですし、

「この店はかなり良い仕入れできたわ~」

「この店は何も無かったな。前来た時も微妙だったから、次から回るのどうしようか」等

仕入れに行ったら行ったで、なんだかんだ楽しんでいる部分というのもあったりします。

出品

現在のせどり状況ですと、この出品作業がネックとなってくるかもしれません。

「出品」作業はなかなか面倒くさいと感じているせどらーさんは、割と多くいらっしゃる

ようです。

しかし私は、他のせどらーさん程(?)出品作業はあまり苦痛と感じたことは

あまりありませんでした。

例えば商品のクリーニング(シール剥がしとジッポオイルで拭く)作業なんかは動画

とかを見ながらずっとやってきました。

出品作業は私は全ての商品を個別に商品説明を記載しているタイプですが、

(全ての商品説明を同じコピペ文ですませている出品者もいる)

こちらも音楽を聞きながらしたりすることが多いので、

あまり出品作業が苦痛であると感じたことはありませんでした。

さすがに映画とかストーリーにずっと集中してないといけないようなものとは同時に

作業をすることは難しいですが、スポーツ番組だったり、ツイキャス等ネットの生放送

だったり、それくらい気楽な感じで見られるものに関しては、十分同時進行で作業が

出来るので、むしろ私はずっと「○○しながらクリーニングしよう」とかって感覚

でいました。

もちろんこの作業方法による見落とし・間違いというのは、作業中心でやっているので

ほとんど起きていないと思いますし、むしろ楽しくやれている部分があるので、

集中力の継続という意味では、作業だけに集中して何時間もやるよりは

あるいは優秀であるとさえ言えるのかなと思います。

他のせどらーさんがどのような形で出品作業に行っているのかというのは

なかなか見る機会がないというものがありますが、

もしかしたら他のせどらーさんも、同じような感じで、出品作業をされている方も

いらっしゃるかもしれません。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする