地元BOOKOFFを初めて自分で車を運転して回る

例によってお盆は地元に帰ってのせどり。毎年お墓詣りに行っているというのもありますが、

何と言っても目的は地元のブックオフ。

相変わらずライバルらしいライバルはいないので、良いせどりも出来るし、何といっても

「気が楽」 これに尽きます。

ところで今回地元に帰ってからはある試みを行ってみました。

それは「自分で車を運転してせどりに行くこと」

じゃあ今までどうしてたのかと言うと、親に送ってもらっていました。

(お恥ずかしい話ですが)

田舎特有のとりあえず「男は大体免許を取る」という風習の元、例に漏れず自分も

車を運転したい訳でもないのに、何となく免許を取りに教習所へ通って、

免許だけは持っていました。

就職してからは当時関東圏の都会の方に住んでいたので、車の必要性もなく、

車も運転する気もさらさら無いので、車とは無縁の生活を送っていました。

そんな感じなので、地元ですら運転しないような今までを送っていたのです。

しかし 知り合いのせどらーさんの車に乗せてもらってブックオフを回る

記事でも触れていた通り、この頃

「車でせどりが出来るとこんなに回れて、これだけ仕入れが出来るんだ」

と言うのを体験することが出来たので、運転に挑戦してみようではないか

と思い始めていたのでした。

手始めにまずは、田舎で都会に比べると圧倒的に運転が楽だろうと思われる地元での

運転を試みました。

最初は親同伴で運転していたと思います。駐車場の広い店舗でバックの練習とかも

していましたが、何しろ車の運転には興味がないものですから、上達はかなり

悪かったように思います 笑

何はともあれ、徐々に運転出来る感覚と自信を掴んで来まして、一応地元のブックオフ

くらいなら一人で運転して帰って来れるくらいにはなりました。

本当、車があって一人で運転できると仕入れの幅が無限に広がるんですよね。

自転車だったらリュックに1カゴ分くらいしかせどり出来ないですから。

地元のセール時の大量仕入れ等は、車は必須というレベルです。

地元にいる間で何とか自分で運転出来るようになったので、

(緊急性を求められる車線変更の時、実は真横に車がいて危なくぶつかってしまいそうに

なったが、その車がギリギリ避けてくれて助かった 等ということがあったが)

※↑これは初心者によくありがちなミスなので、車線変更の時はサイドミラーに加え、

必ず真横にいないかも確認してから車線変更をすること。なので初心者マークの隣とかは

怖いので、なるべく避けて運転しましょう 笑

都会へ戻ってからは(今思うと無謀な)レンタカーせどりというものを敢行して

見ようと思っていました。


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする