ブックオフに仕入れに行くと、コンサルしている人をたまに見かけますが、しかし・・・

当店でも年に1,2回くらいでしょうか、

ブックオフで仕入れ中に、店内でコンサルしている人と、教えてもらっている人の、

2人の場面に遭遇することがありました。

私は店内に入っても、基本的に一般客に紛れ込んで、さりげなくせどりをすることが多い

ので、コンサル中の2人がいたので、さりげなく近寄ってみたこともあります。

具体的な会話の内容までは聞いたりはしていませんでしたが、割と真面目に教えていそうな

コンサルの人もいたり、

「ここもせどれるから」くらいの説明しかしていないコンサルの人もいたりと、様々なようで

教えてもらっている人も、年配の方もいれば、見るからに情弱そうな若者の方もいました。

しかしその教えてもらっている人が、その後ブックオフで仕入れをしているところを、

私は見たことはありませんでした。

もしかしたら私と、タイミングや店舗が合わないだけかもしれません。

でも多分、すぐに辞めちゃったんだろうなと思います。

なぜなら私がブックオフに仕入れに行っても、ほぼ毎回、せどらーさんに遭遇することは

ないからです。

それくらいせどらーさんの数は減っています。

(もちろんせどり出来る店舗は多岐にわたっていますが、他店舗でも大して見かけない)

私もせどりは2010年からやっているものですから、全盛期の頃はもちろん、数年前と

比べても、私が仕入れに行って、せどらーさんと遭遇する確率というのは

年々減っていることは、肌で実感しています。

(昔は「あの人また来てるよ」「あの人は前セールで見た人だな」とかはザラだった)

みんな楽に儲かるなら、ブックオフはせどらーさんだらけのはずですよね?

それがせどり全盛期の頃でした。

今、このタイミングでやられても、大抵の人が途中でやめてしまわれる理由は

もうすでに魅力的な市場ではなくなっているのに、そこに気付かずに参入しているから

ということなのかなと思います。

つまり「あれ?もっと楽に儲かると思ってたのに、全然違ったぞ」となり、

その逆のギャップにより、やる気を失い、いつの間にかやめていくと

どんなジャンルでもそうですが、「よし、俺は今から物販の王になってやるぞ!」

というくらいの気概を持って思って参入される方なら、可能性はあると思うのですが、

ある程度形が出来上がった市場において、後から参入するということは、

「人の2倍も3倍も努力する人じゃないと、まず間違いなく途中でやめてしまうよ」

ということが1つ、言えるのではないかと思います。


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする