原点回帰「電車せどり」を強化

ここ数年のウルトラセールは平和なもので、

ほとんどせどらーさんに遭遇することもなく、1月まで使える10%OFF券目当てに、近所のBOを回り、それなりに良い仕入れもできる という年が続いています。

 

 

 

コロナの影響もあるでしょうか、特割ワンウェイで私が借りたいレンタカーがなかなか出て来ず、

もし出て来たとしても、現在都内近郊のBOはこぞって営業時間が「20時まで」となっているので、これでは回れる店舗数が中途半端になってしまい、どうしたものか と、最近はなかなか仕入れに行けず終いの日々が続いていました。

 

 

「いざとなったら近所の電車せどりで、10%OFFの券を使い切るしかない」と思い、せっかく集めた10%OFF券の消費の為、久しぶりに本腰を入れて電車せどりに行って来ました。

というのも、ここ数年は「特割ワンウェイ」に頼りっきりで、ほとんど電車せどりをすることが無くなっていました。 いつの間にか、完全に車せどりに依存していたのです。

 

 

確かに車せどりは(ほぼ)際限なく仕入れた商品を持ち帰れて、店舗間の移動がスムーズ という素晴らしい利点がありますが、メリットばかりではありません。

・運転(移動)中は運転に集中するので、同時進行で(ほぼ)何もできない

・レンタカーの場合、1日中仕入れに使いたい訳ですが、今のような状況下だとレンタカーのメリットを最大限に活かせない

・レンタカーを激安で借りられても、そこまでの移動代・ガソリン・高速・駐車場・遠征では宿泊費 等々、諸経費トータルではそこそこ掛かる

 

等といったこともあり、逆に緊急事態宣言下となったことにより、

「あれ?今はむしろ電車せどりを強化するべきなんじゃないか?」と思うことができたのでした。

・今ちょうど読みたい本があったので、電車は移動中に好きなだけ本が読める。電車移動の時間=読書タイムだから、1日の時間の使い方として効率が良い。

・店舗の閉店時間短縮は、ほぼ関係ない。

・レンタカー仕入れに比べ、恐ろしいほど経費が掛からない。

 

 

人力でも、BOのカゴでいうと2カゴ分(リュックで1カゴ分+両手で1カゴ分)家まで運ぶことができるので、

電車の移動時間のロスが気にならない(電車移動の時間=読書タイム)今なら、電車せどりのメリットを最大限活かせる!と思い、原点回帰で「電車せどり」を強化しようと思ったのでした!

 

 

せどりを始めた頃というのは、「電車賃分を仕入れすることができるか」という気持ちで家を出ていたので、当時の自分を懐かしく思いました。

携帯サーチツールとの出会い

 

 

ここ数年忘れてしまっていましたが、圧倒的に経費を掛けずに仕入れをすることができる「電車せどり」

その重要性を再認識することができ、原点に戻り、電車せどりをもっと多く取り入れていこうと思いました!

 

 


せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする