はじめての月商100万円台を達成

せどりを始めて、1つの目標でもありました 月商100万円が達成できました! 思い返せば「これでもしかしたら生活できるのかも・・・?」と不安がありながらも始めたせどり業。気がついたらどっぷりはまっていて、日々せどりのことばかりしていたような気がします。

セールで寝坊

私には社会生活を営む上で、少し致命的な短所があります。それは 「朝決まった時間に起きるのが苦手なこと」 です。サラリーマン時代は遅刻したら最悪なので、死ぬ気で起きていましたが、私は油断をすると平気で2度寝してしまうのです。あるいは無意識のうちにアラームを止めていたりして、気がついたら起きる時間を大幅に過ぎていたり 等

GW ブックオフのウルトラセールに参戦してみた結果

4月の仕入れ量がちょっとヤバいから5月は仕入れを強化しようと思っていたので、5月の2・3・4・5日に開催されていたウルトラ(20%)セールに行ってみることにしました。 実は私は実家に帰っている時しかまともにウルトラセールに参戦したことがなく ちゃんと参戦するのは今回が初めてになるかもしれません。

せどりの相場と特需

せどりをやっていると分かりますが、相場は常に一定ではありません。 仕入れた時は1000円だったものが、売れる時には500円くらいに下がっていた なんてことは日常茶飯事です。 この記事では商品の相場や、特別需要について詳しく見ていきたいと思います。

バーコードリーダー(KCD200)の導入 ツール(アプリ)編

iPhoneとバーコードリーダー(KDC200)の設定が終わったら いよいよツール(アプリ)の方です。  当店では「せど楽チェッカー」というツールを使用しています。こちらのツールの特徴から、導入までの流れ 使ってみて良かった点や、分からなかった点などを まとめてみました。

バーコードリーダー(KCD200)の導入 設定・接続編

当店でもかなり今更ですが、2015年になってようやくバーコードリーダーを導入してみました。 その理由としては ・売上減 ・ホビーや家電など新しいジャンルの開拓の為 特にこの2つでしょうか。 iPhoneとバーコードリーダーの接続までを初心者でも分かりやすくご紹介しています。

ついにバーコードリーダー(ビーム)を導入

2015年 秋頃 ようやく当店でもバーコードリーダー(ビーム)を導入しました。 「今更かよ(笑)」 と思われたせどらーさんが大半かと思います。 ブックオフ以外のジャンルをやられているせどらーさんなら、 もうバーコードリーダーは必須アイテムと言っても過言ではないと思います

出品・価格改定ツールの導入

出品をはじめて在庫数がどんどん上がってくると、問題になってくるのが「価格改定」 最初はそんな量でもなかったので、Amazon在庫管理画面から、手動で価格を改定していました。しかし在庫が1000を超えるような規模になるとやはり手動ではおぼつかず、これは価格改定のツールを導入するしかないなと思いました。

【せどり】セール 激化する下見争い

この頃になるとセールの下見の争いもどんどん激しくなってきました。 以前までは言っても競争率はそこまで高くはありませんでした。 「下見の人が何人かいて、各自お目当てのところをチェックして、 開店と同時にその部分をカゴにいれ、そこからはせどらーの皆さん棚をピコピコ