普通に考えてチケット転売や新品転売はやめた方が良い理由

悪質な転売行為というのが社会的にも問題となっている中、

特に問題となっている(ただ早く並べば買える「福袋系」といったものは除いた)

「チケット転売」「新品転売」に絞って、そういった行為のどんなところがダメなのか

というのを具体的に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

チケット転売

「本当に見たい・欲しい人が購入できない」

人気のチケットには転売ヤーと呼ばれる仲介人が入り、不当に高い値段で買わされて

いるといった現状となっています。

実際そういった人気のアーティストさんのライブやイベントに参加するのに、

チケット定価よりも高い料金を払って参加している人達も少なくはありません。

こういった現状は、転売ヤーとファンの、単なる1個人間の軋轢だけに止まらず、

主催しているアーティストさん達や関係者までもが問題視しており、警察が動いて

逮捕されるケースもあるという、1つの大きな社会問題にまで発展しています。

UVERWORLDのヴォーカリストの本人が、自分達のコンサートのチケットを実際に転売

している人のところまで行って、「2度と俺らのチケットに触れるんじゃねえぞ」

と、転売ヤーを一喝したという有名なニュースもあります。

その他、アーティストさん自身がチケット転売に対して警鐘を鳴らしている声を

聞くことも増えてきました。

チケット転売がどれほど社会的に問題視されているかが伺えます。

 チケット転売の種類

もちろんチケット転売は音楽アーティストさんのライブだけに止まらず、様々な

チケットに対して行われているようです。

過去には JRの指定席券、宝塚歌劇の公演チケット、美術館のチケット etc

こういったチケットの転売で逮捕された事例もあり、

とにかく価値が高いチケットであれば、どんなジャンルのものでも高額で転売されて

しまうようです。

そもそもチケットは何故定価で売られるか

こういったコンサートだったり、イベントだったりというものは基本的に、

老若男女、収入が高低に関わらず、誰でも楽しめるものとして開催されるべき

という思想が根底にあり、誰もが手を出し得ることができる価格帯で販売されている

といった実状があるようです。

例えば超人気アーティストさんのライブの最前列のチケットともなれば、ファンなら

「いくら出しても欲しい!」となって、チケット定価の何倍もの価値が生まれるといった

現象も発生しているようですが、

その一方で、海外なんかではそこまで最前列にこだわるといった風潮は聞いたことはなく、

そういった意味では日本特有の問題とも言えるかもしれません。

「価値があるんだから高く売ればいいんじゃないのか」という反対意見も出てくる

かと思いますが、

そうしてしまうと逆に今度は「金持ちの為だけのもの」となってしまい、

本末転倒・その業界の衰退にしかならない という見解もあるようです。

チケット転売による見えない問題・影響

実際にお客さんの前で演奏を披露したりするアーティストさん自身からしてみれば

こういったチケット転売行為というものは、

「腹立たしい行為」以外の何物でもない訳です。

こういった行為が創作意欲の減退や、ライブ演奏・パフォーマンスにも、少なからず

影響を与えていることでしょう。

チケット転売行為によって、あなたがわずかな利益を上げている一方で、

主催者側の怒りを買い、アーティストさん自身をも傷付け、ファンの人もチケット転売行為

に対して憤りを感じたり、悲しんだりしているという

想像力を持って欲しいなと思います。

主催者側のチケット転売対策

こういったチケット転売は、もはや社会問題化しており、転売した者への厳しい処罰や、

法整備を進めていく方針といった対応までとなってきています。

実に様々な形でイベントのチケット転売対策というものが取られており、この先、

より一層チケット高額転売対策が進み、事実上チケット転売が不可能な日がやってきそうな

様相を呈しています。

新品転売

こちらも問題視されていることを良く見る機会が多い、新品の転売。

新品転売と言いましても、「新品を購入してそれを出品して利益を得ること」

自体を指しているのではなく、この場合は、

大人気商品、数量限定商品など、

「価格が騰がる可能性が高いことが予測されている商品を、発売日に定価で購入し、

案の定品切れとなった状態で、定価よりいくらか高い値段で出品し、売り抜ける転売」

を指しています。

チケット転売同様、本当に欲しい人達が買えないといった事象が発生しており、

世間的にはこういったことが起こる度に、

「転売厨消えろ」「はいはい、また転売ヤー」

となっている事は、想像に難しくはありません。

Amazonでも新品転売対策

こういった悪質な転売行為への対策というものは、日本最大級のマーケットプレイス

であるAmazon側でも着々と進行しているようです。

おかしな価格帯で販売されている商品には警告マークが付いたり、メーカーごとの出品制限、

「新品」として出品できる商品の制限を設けたり 等々

これらに該当している出品者の方(基本的には悪質な)は、けっこう痛手を負っている

ようで、

そういった転売を行っている人たちからは「もう無理だ」という声もあったり、

それでもその対策をくぐり抜けて、まだ抵抗しようとしたりしている人もいたり、

反応は様々のようですが、確実に効果が出ているようです。

図らずも利益の出る新品が店頭に並んでいた場合は

一口に新品転売といっても「新品発売から日が経って、ネット上では価格は高騰している

のに、店頭にはまだ普通に置いてあった」

という現象も、少なくはありません。

こういったせどりに関しては、私の中の線引きとしては、アリなのかなと思います。

その他、中古ショップでの仕入れにおいても、まれに新品の状態で仕入れが出来る

ケースも、実は無いこともありません。

まとめ

チケット転売や、新品転売に共通して言えることは、

「貴方がいくばくかの利益を上げている裏では、悲しんでいる人達がいる」

ということ。

「そんなお金でご飯を食べたり、何かを買ったりして、幸せですか?」

きっと幸せな人は1人もいないんだろうな というのは、想像に難しくはありません。

しかし「転売」と言う行為自体は、よく見渡してみれば、実はそこら中にある存在でもあり、

そして問題は、「転売行為」そのものではなく、

個人が手軽に手を出せて、悪質である「チケット転売」「新品転売」

こうした一部の転売行為が問題となっているということ。

悪質な転売をしている本人含め、悲しむ人しかいない負の連鎖に気が付き、

1人でも多くの人が、自分の事しか考えていない転売を辞め、

こういった行為に手を出す人が少なくなればいいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする