【超初心者用】WordPressにログインできたら、まずはテーマ(デザイン)を決めよう!+とりあえず入れてみたプラグイン10選

0092

スポンサーリンク

ブログのテーマ(デザイン)

Simplicity

まずはWordPressインストール段階から色々他の人のブログとか見ていた時によく目にしてた言葉「Simplicity」
WordPressを使うにあたって便利なツールか何かか?くらいに思っていました。
まずはデザインを決めようとした時にそれはすぐ解決しました。無料ブログの時はデザインと言っていたものがWordPressでは「テーマ」と呼ぶんですね。

そのテーマがかなり有名で多くの方が使っているのが「Simplicity」だったという訳です。
私も「Simplicity」にしたのですが、何故このテーマがこんなに多くの方に使われているのかという1つの大きな理由が
「WordPressに慣れていない人にも優しい」ということです。

私は他のテーマを使っていないので断定的なことは言えませんが、他のテーマではおそらくもっとHTML・CSS・PHPといったWebの知識が必要となってくると思います。
この記事を書いている段階で私はまだまだカスタマイズが進んでいませんが、それでもある程度はいじれるようになり、すぐにブログの大まかな形くらいは、出来ているのかなと思います。

インストール方法

SimplicityのHPの方に分かりやすく記載されておりましたので、こちらをご紹介しておきます。
バージョンは常に新しいものになっていると思いますので、最新版をインストールしましょう。
http://wp-simplicity.com/initialization/

Simplicityの子テーマ

詳しくはこちらのSimplicityのHPに解説等がありますが、
http://wp-simplicity.com/downloads/child-theme2/
先程の親テーマと呼ばれる方で色々カスタマイズしてしまいますと、アップデートされた時にそれが消えてしまうようです。その問題を解消するのがこちらの子テーマというもの。
こちらも一緒にインストールしておき、テーマを子テーマに設定して、カスタマイズをすると親テーマのアップデートがされた時でもカスタマイズした設定が変わることなく、継続できるという仕組みになっているようです。
こちらとセットでインストールしておくのがお勧めです。

プラグイン

プラグインとは便利な機能をWordPressに追加するアイテムのようなもの。
まっさらな状態だとセキュリティも十分な状態じゃないようで、早めにプラグインを追加した状態にしておきたいですね。
とりあえず超初心者目線で私が入れてみたのを簡単にご紹介してみます。どんなものがあるのかご参考になれば

プラグインのインストールの方法

基本的にはダッシュボードのプラグインから「新規追加」で、プラグインの名前を検索して「有効化」するという流れで、1回やると次からはテキパキ出来ると思いますが、具体的なインストール方法はこちらのサイトに詳しく書かれておりました。
http://wp-exp.com/blog/how-to-install/

初心者だけど色んなサイト見て回ってとりあえず入れてみたプラグイン10選

※アルファベット順

・BackWPup
WordPressのWebサイトを丸ごとバックアップできるプラグインです。プラグイン同士のバッティング等により管理画面から動かなくなったり、不測の事態は全く起こらないとは言い切れないようです。
安心してこれからWordPressを使っていく為にも忘れずに初期の段階で入れておいた方が良いかもしれません?
プラグイン追加後の設定や詳しい内容はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
http://netaone.com/wp/backwpup/

・Category Order and Taxonomy Terms Order
ブログ内のカテゴリの順番を入れ替えるプラグイン。無料のブログをやっていた方にとっては驚きかと思いますが、WordPressではプラグインを入れないとカテゴリの順番の並べ替えができず、私もしばらくどうやって順番並び替えるのか分かりませんでした。
こちらも必須かなと思います。

・Jetpack by WordPress.com
主にブログの来場者や表示回数を調べる為のプラグイン。WordPress.comのアカウント取得等、使えるまで少し手間がありました。
最初はブログのアクセス数とかどうやって調べるのかと思ったら、こちらもプラグインにて調べるようで。ちなみにそれ以外にも約30もの機能が実装されているようで、ブログのアクセス情報を調べる為のプラグインの中ではこちらは有名なようです。

・PubSubHubbub
こちらはSEO関連。書いた記事をいち早くGoogleにに対してインデックスをつけてあげる機能を持つようで、これにより例えば後から書かれたパクリ記事とかがあった場合、こちらの記事の方がオリジナルであると認識されるようで、Googleから不当な低評価を受けないというもの

・SiteGuard WP Plugin
こちらはセキュリティ関連のプラグイン。パソコン自体にセキュリティソフトを入れるのと同様、WordPressにもセキュリティのプラグインというものがあるみたいで、こちらも導入必須であると思います。
こちらの特徴としましては「ブルートフォースアタック」と呼ばれる悪質な攻撃に優れたセキュリティプラグインのようで、よく名前をお見かけするので私はこちらを入れてみました。

・Table of Contents Plus
目次の自動生成プラグイン。記事を作成する時の「見出し」を設定していれば、自動で目次を作成してくれるという優れもの
最初は「目次の作り方とか大変そう」とか思っていたのですが、プラグインのインストールだけだったとはかなり拍子抜けでした 笑

・TinyMCE Advanced
記事のビジュアルエディタの機能を充実させるプラグイン。無料のブログ同様記事をビジュアルエディタにて作成できる(少なくともsimplicityの場合は)のですが、デフォルトでは「あれ?このボタンないの?」と、機能が少し足りないことを思っていました。
こちらのプラグインを入れることによって無料ブログで書いていた時と同様の環境で記事を作成できるようになり、記事作成がスムーズになりました。そういった方向けのプラグインとなります。

・WordPress Ping Optimizer
SEO関連。適切にPingを送信してくれるというプラグイン
WordPressでは投稿記事更新のたびにPingを送信する仕組みになっているようで、あまり多いとスパム認定されてしまい、Google検索結果に悪影響が出てしまうのだとか。
この無駄なPing送信を防いでくれるそうです。

・WP Multibyte Patch
こちらは文字化けなど、様々な認識間違えによるエラーを防いでくれるプラグインな模様。
非常に重要な役割を担っているとの説明を見て入れてみました。

・WP-Optimize
不要なファイルを自動で削除してくれるプラグイン
WordPressのデータベースは、何も最適化を行わずに運用し続けていると、データベースの中に余分なデータが増えていってしまうようで、この状況が続くとどんどん重くなってしまうようです。
これを自動で処理してくれるというプラグイン。
「お掃除系」などと言われているプラグインで、こういったプラグインを導入しておくとメンテナンスフリーで運用できるそうです。

さて、いかがでしたでしょうか。他にもプラグインはまだまだたくさんあるそうですが、とりあえずはこういったものがありますということで紹介してみました。参考程度にはなってくれれば嬉しいです。
このようにワードプレスでは無料ブログと違って自分でやることが結構多いことに気づかされます。

あと、プラグインは何でも詰め込みすぎると良くないみたいです。プラグイン同士の衝突とかもあるようで、今入れているプラグインと相性の良くないプラグインというのもあるそうです。
自分の環境にあった便利なプラグインを導入して、快適にブログの活用ができるよう、私もこれからもちょこちょこ良いプラグインを見つけて追加していきたいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする